その弓、張りすぎてませんか?弓を張りすぎてはいけない理由

練習ノート

この記事は 約1 分で読めます。

この記事は 約1 分で読めます。

コントラバスはピチカートで弾くこともありますが、弓を使ってアルコで弾くことも多くあります。

弓で弾くには、まず弓を張ります。

ときどき、弓を張りすぎて棹(さお)と毛がほぼ平行になっているような方も見かけることがあります。

キンキンに張った弓で演奏してもいい演奏はできません。

では、どのくらいの張り具合がいいのでしょうか。

 

毛の張り具合については、奏者の個人差も大きく、これがベストと言うものはありません。

ただ、張りすぎても緩すぎても弓にはよくありません。

どのようなよくないことがあるのでしょうか。

折れる

張りすぎると、弓が折れる危険が高くなります。

弓は一度折れてしまうともとには戻りません。

木の弾力がなくなる

弓の棹には、元々反りが入れられています。

この反りによる木の弾力は演奏に大きく影響します。

スピッカートでもこの弾力を利用します。

弦への食いつきにも影響します。
張りすぎると、木も張った状態になり、木が元々持っている弾力が失われてしまいます。

弓が弦に当たって木を傷めてしまう

あまりにも張り具合がゆるいと、大きい音を弾いたときに、弦に弓の棹が当たってこすれてしまいます。

これを繰り返すと、徐々に棹の表面がいたんできて棹が黒ずみ、木を傷めてしまいます。

弓のちょうどいい張り具合は?

弓のちょうどいい張り具合

弓に重さをのせてフォルテを演奏するとき、弓中が弦にこすれないくらい程度。

このくらいが弓に負担のかからない張り具合です。

もし少し弾きにくいなと思ったら、この張り具合を基本にして少しだけ張ってみるとか、緩めてみるとか調整して、自分の弾きやすい張り具合を見つけていきましょう。

まとめ

弓のちょうどいい張り具合は、

  • 弓に重さをのせてフォルテを演奏するとき、弓中が弦にこすれないくらい程度

そこから、自分の好みによって微調整します。

張り具合を少し変えるだけで、弾きやすくなったり、弾きにくくなったりします。

自分がいちばん弾きやすい張り具合を見つけてみましょう!

練習ノート
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

アマチュアのコントラバス弾き。
18歳よりコントラバスを始め、コントラバスを新 眞二氏に師事。

岡山県生まれ。
家族は妻と息子、娘の4人家族。
職業はプログラマーです。
現在は徳島県在住です。

コントラバスネットをフォローする
コントラバスネットをフォローする
コントラバスネット