その弓、張りすぎてませんか?弓を張りすぎてはいけない理由

コントラバスはピチカートで弾くこともありますが、弓を使ってアルコで弾くことも多くあります。

弓で弾くには、まず弓を張ります。

ときどき、弓を張りすぎて棹(さお)と毛がほぼ平行になっているような方も見かけることがあります。

キンキンに張った弓で演奏してもいい演奏はできません。

では、どのくらいの張り具合がいいのでしょうか。

毛の張り具合については、奏者の個人差も大きく、これがベストと言うものはありません。

ただ、張りすぎても緩すぎても弓にはよくありません。

どのようなよくないことがあるのでしょうか。

折れる

張りすぎると、弓が折れる危険が高くなります。

弓は一度折れてしまうともとには戻りません。

木の弾力がなくなる

弓の棹には、元々反りが入れられています。

この反りによる木の弾力は演奏に大きく影響します。

スピッカートでもこの弾力を利用します。

弦への食いつきにも影響します。
張りすぎると、木も張った状態になり、木が元々持っている弾力が失われてしまいます。

弓が弦に当たって木を傷めてしまう

あまりにも張り具合がゆるいと、大きい音を弾いたときに、弦に弓の棹が当たってこすれてしまいます。

これを繰り返すと、徐々に棹の表面がいたんできて棹が黒ずみ、木を傷めてしまいます。

弓のちょうどいい張り具合は?

弓のちょうどいい張り具合
弓のちょうどいい張り具合

弓に重さをのせてフォルテを演奏するとき、弓中が弦にこすれないくらい程度。

このくらいが弓に負担のかからない張り具合です。

もし少し弾きにくいなと思ったら、この張り具合を基本にして少しだけ張ってみるとか、緩めてみるとか調整して、自分の弾きやすい張り具合を見つけていきましょう。

まとめ

弓のちょうどいい張り具合は、

  • 弓に重さをのせてフォルテを演奏するとき、弓中が弦にこすれないくらい程度

そこから、自分の好みによって微調整します。

張り具合を少し変えるだけで、弾きやすくなったり、弾きにくくなったりします。

自分がいちばん弾きやすい張り具合を見つけてみましょう!

スポンサーリンク

この記事が参考になりましたら、シェアしていただけると、励みになります!

Facebookページ
最新の記事情報を、
いいねしてチェックしよう!
ページの先頭に戻る