練習ノート

練習ノート 練習ノート

コントラバス上達のコツや練習法についての記事です。

練習ノート

極度のあがり症の私が、緊張を和らげるためにやっていることとは?

あなたは、人前でコントラバスを弾くとき、緊張しますか? 私は極度のあがり症です。 人前で話したり、コントラバスを弾くとき、とても緊張します。 この記事では、極度のあがり症の私が、緊張を和らげるためにやっていることについてご紹介します。
練習ノート

音程が悪いと悩んでる方のための、チューナーを使った練習のコツ

コントラバスの練習をするときに、必ずチューナーを使うと思います。 チューナーを使って音程を確認しながら練習することはとてもいいことだと思います。 ただ、使い方によっては、練習してもなかなか音程が良くならないことがあります。 この記事では、チューナーを使った練習のコツをご紹介します。
練習ノート

弾き始める前に、弓の配分を考える習慣をつけておくべき理由とは?

コントラバスを弾く上で、弓の配分はとても大切です。 演奏する前には、常に弓の配分の計画を立てておかなければいけません。 この記事では、弓の配分の考え方についてご紹介します。
練習ノート

コントラバスを始めて3ヶ月の人のための、モチベーションを保つコツ

コントラバスを初めて3ヶ月くらい経つと、最初の壁が見えてきます。 ここでモチベーションを低下させてしまう人も多いのではないでしょうか。 あなたは、モチベーションを高く保てていますか? この記事では、モチベーションを高く保つためのコツをご紹介します。
練習ノート

知ってますか?学校では習わないスラーの弾き方のルールとは?

スラーの弾き方で、楽譜にはかかれない習慣的な暗黙の了解のルールがあります。 この記事では、学校では習わないスラーの弾き方のルールについてご紹介します。
練習ノート

弾きやすいフィンガリングを早く見つけるコツとは?

コントラバスで新しい曲を練習し始めるとき、いきなり楽譜を見ながら弾き始めても弾けません。まずは、どの音をどのポジションのどの指で押さえるかを考えると思います。この記事では、弾きやすいフィンガリングを見つけるコツをご紹介します。
練習ノート

「開放弦?それとも押さえる?」どちらで弾くかの選び方とは?

コントラバスには4本の弦があります。 この記事では、開放弦を弾くか、それとも押さえて弾くか、どちらで弾くかの選び方についてご紹介します。
練習ノート

音の始まりより、音の終わりの方に気を配ったほうがいい理由

コントラバスを弾くとき、音の立ち上がりをすごく気にすると思います。 それはコントラバスがその大きさから来る発音の遅い楽器ということもあるのかもしれません。 この記事では、音の始まりより音の終わりの方に気を配ったほうがいい理由についてご紹介します。
練習ノート

上手い人が弾くと簡単そうに見え、自分が弾くと難しそうに見える理由

コントラバスの上手い人の演奏を見たとき、すごく簡単そうに弾いているように見えたことはありませんか? この記事では、上手い人が弾くと簡単そうに見え、自分が弾くと難しそうに見える理由についてご紹介します。
練習ノート

練習のとき、長いフレーズを繰り返し練習する人ほど上達が遅い理由とは

コントラバスの個人練習で曲の練習をするとき、どんなふうに練習していますか? この記事では、長いフレーズを繰り返し練習する人ほど状態が遅い理由についてご紹介します。
練習ノート

明日の練習を気持ちよく始めるために、練習の最後にやっておきたいこと

コントラバスの上達には練習は欠かせません。 この記事では、明日の練習をできるだけ気持ちよく始められるために、今日の練習の最後にやっておきたいことについてご紹介します。
練習ノート

弾けるようになったとき忘れがちな、でも必ず覚えておきたいこと

コントラバスを自在に弾きこなすには、色々なテクニックを身につけなければいけません。 この記事では、弾けるようになっていく過程で、ぜひ覚えておいてほしいポイントについてご紹介します。
練習ノート

コントラバスを後輩に教えると自分が上達する理由とは?

家で一人で勉強するより、友達と教え合いながら勉強した方が深く理解できた。 こんな経験したことありませんか? この記事では、人に教えることで、なぜ自分の上達も早まるのかについてご紹介します。
練習ノート

コントラバスのD線、A線、E線で音程が悪くなる人のクセとは

コントラバスでG線では音程があっているのに、D線、A線、E線と低い弦になると音程が合わなくて悩んでいませんか? この記事では、G線より低い弦で音程が悪くなる人の特徴をご紹介します。
練習ノート

一度さらった曲を、もう一度さらうときに注意べきこととは?

オーケストラや吹奏楽でコントラバスを弾いていると、一度弾いたことのある曲をもう一度弾く機会がよくあります。 この記事では、一度さらった曲をもう一度さらうときに注意すべきことについてご紹介します。
練習ノート

コントラバスの弓の返しで、アクセントがつく人の特徴とは?

弓を返した瞬間、次の音にアクセントがついてしまうことはありませんか? これは、ほとんどの人についてしまう、あるクセが原因です。 この記事では、弓の返しでアクセントがついてしまう理由についてご紹介します。
練習ノート

コントラバスで右手の親指を痛めやすい弓の持ち方とは?

コントラバスの弓にはジャーマンスタイルとフレンチスタイルがあります。 私が持っている弓はジャーマンスタイルで、弓の持ち方は親指で腕の重さを弓に伝える持ち方をしています。 この記事では、親指を痛めやすい弓の持ち方と傷めにくくする方法についてご紹介します。
練習ノート

コントラバスのビブラートで、左手の感覚のつかみ方とは?

コントラバスでビブラートをかけるとき、左手を揺らします。 ビブラートをかけたいと思っているけど、なかなかうまくビブラートがかからないと悩んでいまんか? ビブラートの左手の感覚をつかむためのアプローチはいくつかあります。 そのアプローチについて解説された動画があったので、この記事でご紹介します。
練習ノート

コントラバスを弾いていて、腰痛に悩まされていませんか?

コントラバスは大きい楽器なので、演奏するために体全体を使って弾くことになります。 私も以前はコントラバスの練習中に腰が痛くなり、途中で腰を伸ばしたりストレッチをしたりしながら練習していました。 この記事では、コントラバスと腰痛の原因について、ご紹介します。
練習ノート

コントラバスでなめらかに移弦するための4つの練習とは?

コントラバスで曲を弾くと移弦が必ずでてきます。 スラーがかかった音に移弦があるとき、リズムが崩れたり、音にアクセントが付いたりしませんか? この記事では、なめらかな移弦のための4つの練習についてご紹介します。