スケッチブックに楽譜を貼ったとき、はがれにくくするコツとは?

学生のオーケストラや吹奏楽で、スケッチブックに楽譜を貼って使っているのをよく見かけます。

私も学生のとき、演奏会で弾く曲や、コントラバスの教則本をコピーしたものをスケッチブックに貼って使っていました。

この記事では、スケッチブックに楽譜を貼るときに、ひと手間かけることで、楽譜をはがれにくくするコツをご紹介します。

スケッチブックはすごい

スケッチブックはスグレモノです。

  • 開いたとき180度に開くので、ふいにめくれたりしない
  • 余白があるので、書き込みも自由にできる
  • スケッチブック自体が丈夫なので、破れたりせず長く使える

クリアファイルは使わないほうがいい

ときどき、クリアファイルに楽譜を入れている人も見かけますが、これはおすすめできません。

一見キレイに見えますが、合奏で注意されたときに、いちいち楽譜をクリアファイルから取り出して、書き込みをしていたのでは、時間がかかりすぎます。

また、すぐに書き込みできるようにクリアファイルから出してしまうと、ちょっとしたことで譜面台から落ちたりします。

スケッチブックのほうがおすすめです。

こんな経験ありませんか?

そんなおすすめのスケッチブックですが、スケッチブックを使っているうちに、貼った楽譜の端がはがれてきたことはありませんか?

楽譜を普通に貼り付けると、下の写真のように角がペロッと剥がれてきます。

楽譜の角がはがれてくる
楽譜の角がはがれてくる

最初は、楽譜の角が少しだけはがれて浮いた状態になります。

そして、いったん端がはがれ始めると、譜めくりのときに手が当たって、そこからさらにはがれが広がったりします。

ひどいときは、破れたりすることもあります。

角がペラっとめくれていると、スケッチブックを閉じたときに、楽譜が折れたりして、見た目も悪くなります。

楽譜に行うひと手間とは?

あなたはシールをはがすとき、どうしますか?

だいたいの人は、角からはがしますよね。

角は、はがしやすいんです。

角はノリがついた部分が左右にないので、はがれやすくなります。

ではどうするか。

角をなくせばいいんです。

スケッチブックに楽譜を貼るときに、楽譜の角の1センチくらいをハサミで丸く切り、角丸にします。

楽譜の角を丸くする
楽譜の角を丸くする

こうすることで、角がなくなります。

角がなくなれば、手に引っかかったりすることもなくなります。

絶対にはがれないというわけではありませんが、角丸にしないのと比べると、格段にはがれにくくなります。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、スケッチブックに楽譜を貼るときに、はがれにくくするコツをご紹介しました。

  • 楽譜の角の1センチくらいをハサミで丸く切り、角丸にする

ほんのひと手間かけることで、楽譜がはがれにくくなり、見た目もキレイになります。

ぜひ、試してみてください!

また、楽譜の製本については、お手軽に製本できるコツを以下の記事で紹介しています。

私はいつも演奏会の曲が決まって楽譜が配られたら、まず製本します。 この記事では、私がいつも行っている製本の方法をご紹介します。
スポンサーリンク

この記事が参考になりましたら、シェアしていただけると、励みになります!

Facebookページ
最新の記事情報を、
いいねしてチェックしよう!
ページの先頭に戻る