スラーを弾くときコントラバスの音がクリアになる!2つの左手のコツ

Photo credit: Harvard Avenue via VisualHunt / CC BY-NC

コントラバスは弦が太く、張力も強いことから、音がモゴモゴしやすい楽器です。

先日、左手の強化について記事を書きました。

コントラバスは弦が太く、張力も強いことから、弾くために左手の力が必要です。 コントラバスを弾くためには、各指の力がバランスよくついている方が有利になります。 この記事では、バランスよく左手の力をつけるための練習法をご紹介します。

左手の力がついてくると、音がはっきりしてきます。

今日は、力のついた左手だからできる、さらにもう一歩踏み込んだコツです。

弓を返して弾くときは、左手がきっちり押さえられていれば、音程ははっきり聞こえます。

しかし、スラーのかかった音を弾くときはどうでしょう。

弓の返しがないので、音がモゴモゴしやすくなります。

特に低い弦は顕著です。

スラー中の音の移り変わりをはっきりさせるにはどうすればいいでしょうか。

左手を使う

そんなときは、左手を使います。

使い方は2つです。

1.弦を指で押さえるときに、叩く

たとえば、A線のファースト・ポジションで、Hの音を人差し指で押さえていて、次にCの音を中指で押さえるときに使います。

やり方は簡単です。

中指を押さえるときに、弦を中指で叩いて押さえます

試しに、弓を弦から離して、中指で弦を叩いてみてください。

ちゃんと叩くことができていれば、Cの音が鳴ります。

実際に弾いてみましょう。

Hの音を弓で弾いて、中指で弦を叩いて押さえてみたときと、普通に押さえたときで音をくらべてみてください。

弦を叩いたほうが、音程の移り変わりがクリアに聞こえると思います。

2.弦から指を離すときに、ひっかく

たとえば、A線のファースト・ポジションで、Cの音を中指で押さえていて、次にHの音を人差し指で押さえるときに使います。

こちらもやり方は簡単です。

中指を弦から離すときに、弦を中指でひっかきます

試しに、弓を弦から離して、中指で弦をひっかいてみてください。

ちゃんとひっかくことができていれば、Hの音が鳴ります。

実際に弾いてみましょう。

Cの音を弓で弾いて、中指で弦をひっかいて離したときと、普通に離したときで音をくらべてみてください。

弦をひっかいたほうが、音程の移り変わりがクリアに聞こえると思います。

叩いてひっかく練習

叩いてひっかく練習
叩いてひっかく練習

上の楽譜を、以下の2点を注意しながら弾いてみてください。

  • 中指で弦を押さえるときに、弦を叩くこと
  • 中指を弦から離すときに、弦をひっかくこと

最初は、ひっかくときに指が痛いかもしれません。

ここでは、人差し指と中指の例で説明しましたが、小指や薬指を使う場合も同様です。

指を変えて練習してみてください。

まとめ

スラー中の音の移り変わりをはっきり出したいときに使うコツ

  • 弦を指で押さえるときに、弦を叩く
  • 弦から指を離すときに、弦をひっかく

今日ご紹介したコツは、外から見ても気づかないコツですが、効果ははっきり出ます。

ぜひ、実際に使ってみてください。

左手の強化については、以下の記事を見てください。

コントラバスは弦が太く、張力も強いことから、弾くために左手の力が必要です。 コントラバスを弾くためには、各指の力がバランスよくついている方が有利になります。 この記事では、バランスよく左手の力をつけるための練習法をご紹介します。
スポンサーリンク

この記事が参考になりましたら、シェアしていただけると、励みになります!

Facebookページ
最新の記事情報を、
いいねしてチェックしよう!
ページの先頭に戻る