練習ノート

コントラバスで大きい音を出そうと力むほど音量が大きくならない理由

吹奏楽やオーケストラでコントラバスを弾いていると、大きな音を求められることがあります。 いくら頑張って弾いても音量が大きくならない、と悩んだことはありませんか? この記事では、力みすぎると音量が大きくならない理由と力まなくても大きな音を出せる方法をご紹介します。
練習ノート

コントラバスのピチカートが響かない、たった1つの原因とは?

コントラバスでオーケストラや吹奏楽で曲を弾いていると、ピチカートがよく出てきます。 開放弦は響くのに、弦をおさえると響かないなと思ったことはありませんか? この記事では、弦をおさえたときに響かない原因と響かせる方法についてご紹介します。
練習ノート

コントラバスで速弾きが苦手な人にありがちな、4つのクセとは?

オーケストラや吹奏楽でコントラバスの曲を弾いていると、何箇所かは速いフレーズが出てきます。 どうも速弾きは苦手だなと、苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか? この記事では、速弾きが苦手な人にありがちな4つのクセとその解決法をご紹介します。
楽譜

楽譜をダウンロードしてみる?S.ジョプリン作曲の「The Entertainer」

スコット・ジョプリン作曲の「The Entertainer」の楽譜を公開しました。 この記事では、この曲について動画と楽譜をご紹介します。
楽譜

スケッチブックに楽譜を貼ったとき、はがれにくくするコツとは?

学生のオーケストラや吹奏楽で、スケッチブックに楽譜を貼って使っているのをよく見かけます。 この記事では、スケッチブックに楽譜を貼るときに、ひと手間かけることで、楽譜をはがれにくくするコツをご紹介します。
練習ノート

コントラバスで速弾きするために、指をコントロールする4つの練習

コントラバスで速弾きしたいのに、左手の指がなかなか速く動かないと困っていませんか? 速く動かすには、まず左手の指を自由にコントロールできなければいけません。 この記事では、そのための4つの練習をご紹介します。
楽譜

楽譜を公開しました!フリーバ作曲の「無伴奏コントラバス組曲」

リクエストにお答えして、フリーバ作曲の「無伴奏コントラバス組曲」の楽譜を書きました。 この記事では、この曲について動画と楽譜をご紹介します。
練習ノート

コントラバスを始めるなら、まずドイツ語の音名を覚えておこう!

春から吹奏楽やオーケストラで、コントラバスを始めようと思っている方、ドイツ語の音名はもう覚えましたか? 吹奏楽やオーケストラでは、よくドイツ語の音名が使われます。 合奏で困らないために、この記事では、ドイツ語の音名についてご紹介します。
MuseScore

「MuseScore」で、2小節を繰り返す反復記号を入力する方法とは?

楽譜作成ソフト 「MuseScore」で楽譜を書いていると、2小節を繰り返す記号を入力したくなるときがありませんか? この記事では、2小節を繰り返す記号を入力する方法をご紹介します。
練習ノート

コントラバスの練習で知っておくべき、反復練習の落とし穴とは?

コントラバスを練習するとき、よく反復練習が効果的と言われます。 しかし、ただ単に反復練習をしたからといって上達するわけではありません。 この記事では、反復練習の落とし穴と、それにハマらないための方法をご紹介します。
MuseScore

「MuseScore」で、複数の休止小節をまとめる長休符を入力する方法

MuseScoreで楽譜を書いていると、複数の小節が休符の場合に長休符にまとめたくなりませんか? この記事では、長休符を一発でオン・オフできる方法をご紹介します。
練習ノート

これからコントラバスを始める人に、覚えていてほしい上達するコツ

入学したら、どの部活に入ろうかもう決まっていますか? コントラバス経験者で引き続きやろうと決めている人。 また、吹奏楽やオーケストラなどでコントラバスを始めたいなと思っている人。 そんな方に、この記事では、早く上達するコツをご紹介します。
練習ノート

コントラバスで左手のシフティングが不安定になる3つの原因

コントラバスで曲を練習しているとき、左手がうまく弾けない箇所には、シフティングや移弦があることが多くあります。 この記事では、安定したシフティングができるようになるために、チェックする3つのポイントをご紹介します。
練習ノート

いいフィンガリングのために、知っておきたいコントラバスの運指表

コントラバスで新しい曲を練習するとき、まずどんなフィンガリングでとるかを考えると思います。 ここで安易にフィンガリングを決めてしまっては、すごく難しいフィンガリングを選んでしまう場合があります。 この記事では、いいフィンガリングを見つけられるようになるために、やっておきたいことをご紹介します。
アクセサリー

座奏フォームの安定度が劇的にアップする、フットレストの位置とは?

私は、コントラバスを弾くときにバスイスに座って弾いています。 イスを変えると、高さはほぼ同じといっても、以前とまったく同じフォームで弾くことはできなくなります。 この記事では、私が試行錯誤したフットレストについてご紹介します。
練習ノート

力んでるかもと思ったとき、脱力するために意識すべき3つのポイント

コントラバスを弾くときに、「脱力する」ということはとても大切です。 この記事では、どういう状態が「力んでいる」のか、また、どういう状態が「脱力している」のか、そして、脱力のために意識すべきポイントについてご紹介します。
楽譜

100均で買えるものだけでお手軽にできる!簡単な楽譜の製本

私はいつも演奏会の曲が決まって楽譜が配られたら、まず製本します。 この記事では、私がいつも行っている製本の方法をご紹介します。
アクセサリー

コントラバスの座奏に欠かせないバスイス。おすすめのバスイスはこれ!

コントラバスの座奏にはバスイスが欠かせません。 しかし、コンサートホールにあるバスイスは大きく手軽に持ち運ぶことができません。 この記事では、コントラバスの演奏に使える、手軽に持ち運べて、価格も手頃なおすすめのバスイスについてご紹介します。
練習ノート

毎日のコントラバスの個人練習で、合格の基準を作っておこう!

毎日の練習で、コントラバスでうまく弾けないところを練習すると思います。 練習を始めてすぐにできるようになるわけではなく、毎日少しずつできるようになっていきます。 この記事では、自分に合格を出してあげる基準についてご紹介します。
練習ノート

右手の指の役割知ってますか?コントラバスの弓の持ち方

コントラバスの弓の持ち方にはいろんな持ち方があります。 どの持ち方が一番いいというのはなく、自分にどの持ち方が一番あっているかで持ち方を決めることになります。 この記事では、私の弓の持ち方のそれぞれの指の役割や持ち方のポイントについてご紹介していきます。