コントラバスで速弾きするために、指をコントロールする4つの練習

オーケストラや吹奏楽でコントラバスを弾いてると、必ず速いパッセージが出てきます。

速弾きしたいのに、左手の指がなかなか速く動かないと困っていませんか?

普段の生活では指は使うものの、速く動かしたりすることはあまりありません。

また、人差し指と中指はよく使いますが、薬指と小指はあまり使うこともありません。

特に右利きの方は、左手の指を使う機会はあまりないと思います。

しかし、コントラバスは左手を使わないと弾けません。

そして、左手の指が速く動かないことには速弾きはできません。

速く動かすには、まず左手の指を自由にコントロールできなければいけません。

この記事では、そのための4つの練習をご紹介します。

指を自由にコントロールできるようになる練習

今日ご紹介する練習は、コントラバスは使いません。

机の上でもいいですし、太ももの上でもかまいません。

楽器がなくてもできる練習なので、スキマ時間でいつでもできます。

指をタップする練習

1つめの練習は、左手の各指を順番にタップする練習です。

まず、左手の各指を机の上につけて置きます。

この状態からスタートします。

指をタップする練習
指をタップする練習
  1. 親指だけを上げます(他の指はつけたままです)
  2. 親指を下ろすと同時に人差し指を上げます
  3. 人差し指を下ろすと同時に中指を上げます
  4. 中指を下ろすと同時に薬指を上げます
  5. 薬指を下ろすと同時に小指を上げます
  6. 小指を下ろすと同時に薬指を上げます
  7. 薬指を下ろすと同時に中指を上げます
  8. 中指を下ろすと同時に人差し指を上げます
  9. 人差し指を下ろすと同時に親指を上げます

1~8をまずはゆっくりのテンポで繰り返します。

薬指、小指あたりは少し難しいかもしれませんが、慣れてくるとできるようになります。

できるようになったら、だんだんテンポを上げていきます。

指をダブルタップする練習

2つめの練習は、上の練習のタップをダブルタップにする練習です。

違いは、

  • 上の練習の指を下ろしてタップしたところをダブルタップに変えること
  • 指を下ろしてダブルタップした2回目のタップで次の指を上げること

です。

まずはゆっくりのテンポで上と同様に繰り返します。

できるようになったら、だんだんテンポを上げていきます。

2本の指を同時にタップする練習

3つめの練習は、タップする指を2本にします。

まず、左手の各指を机の上につけて置きます。

この状態からスタートします。

2本の指を同時にタップする練習
2本の指を同時にタップする練習
  1. 親指と中指を上げます(他の指はつけたままです)
  2. 親指と中指を下ろすと同時に人差し指と薬指を上げます
  3. 人差し指と薬指を下ろすと同時に中指と小指を上げます
  4. 中指と小指を下ろすと同時に人差し指と薬指を上げます
  5. 人差し指と薬指を下ろすと同時に親指と中指を上げます

1~4をまずはゆっくりのテンポで繰り返します。

できるようになったら、だんだんテンポを上げていきます。

最初の2つの練習に比べると、すごくスピードが落ちると思いますが、落ち着いてゆっくりからやってみてください。

2本の指を同時にダブルタップする練習

最後の4つめの練習は、上の3つめの練習のタップをダブルタップにする練習です。

違いは、

  • 上の練習の指を下ろしてタップしたところをダブルタップに変えること
  • 指を下ろしてダブルタップした2回目のタップで次の指を上げること

です。

まずはゆっくりのテンポで上と同様に繰り返します。

できるようになったら、だんだんテンポを上げていきます。

3つめの練習に比べるて、さらにスピードが落ちると思いますが、落ち着いてゆっくりからやってみてください。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、左手の指を自由にコントロールできるようになる4つの練習をご紹介しました。

  • 指をタップする練習
  • 指をダブルタップする練習
  • 2本の指を同時にタップする練習
  • 2本の指を同時にダブルタップする練習

左手の指を自由にコントロールすることができるようになると、指の動きがなめらかになります。

さらに、必要のない力が抜け、脱力できるようになります。

どの練習も楽器を使わないし、どこでもできる練習なので、ほんの少しのスキマ時間があればできます。

ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

この記事が参考になりましたら、シェアしていただけると、励みになります!

Facebookページ
最新の記事情報を、
いいねしてチェックしよう!
ページの先頭に戻る