コントラバスでどうしても脱力できない人も、簡単に脱力できるコツ

練習ノート
Photo credit: Landahlauts via Visual Hunt / CC BY-NC-SA

この記事は 約1 分で読めます。

この記事は 約1 分で読めます。

コントラバスのレッスンで、「力が入ってるから脱力して!」と言われることがあります。

特に初心者の方は、この注意を受けることが多いのではないでしょうか。

 

脱力って言われても、力抜いたら立てないし、楽器も弾けないよ。

まして、自分では力入れてるつもりないし、筋肉ごとに力を入れたり抜いたりできないよ。

なんて感じることもあると思います。

私もそう思っていました。

脱力のコツ

そんな方は、これからご紹介する方法を試してみてください。

手順はシンプルで、3つのステップです。

  1. 力を思いっきり入れる
  2. 力を抜く
  3. 抜いた状態のイメージを記憶する。

1.力を思いっきり入れる

元弓で弾き始める構えをして、弦に重さをかけて、これから弾き始める状態にします。

そのあと、首から手にかけて、プルプルするくらい力を入れてみてください。

2.力を抜く

構えを崩さないまま、フッと力を抜きます。

緊張していた筋肉が、一気に開放され楽になります。

3.抜いた状態を意識する

この時の状態が脱力した状態です。

脱力状態とは、必要ない筋肉の力が抜けた状態です。

 

全身(首、肩、腕、手、指)の状態のイメージを頭に入れます。

そして、力を入れていないけど動きを意識できる状態を保ちながら、右手をダウン方向に弾きます。

これで、脱力した状態でダウンを弾き始めることができます。

 

自分が思っているより大きな音が出ると思います。

力が入っている状態で弾くと、弦に腕の重さが十分かかっていなかったり、逆に重さをかけすぎて弦の振動を毛が止めていたりするため、音が小さくなります。

 

元弓、先弓、中弓それぞれで、1~3のステップを行います。

そして、頭に入れたイメージから次のイメージへつなげるようにボーイング練習をします。

1~3のステップを繰り返して、頭にイメージができてくると脱力をあまり意識しなくても、脱力した状態で弾けるようになってきます。

まとめ

脱力を感じる手順

  1. 力を思いっきり入れる
  2. 力を抜く
  3. 抜いた状態のイメージを記憶する。

力を抜くために力を入れるという逆の発想がポイントです。

この記事ではボーイングについて書きましたが、左手や構え方などその他のことにも同様の手順が応用できます。

 

この記事でご紹介した方法は、「筋弛緩法」というリラックスするときに使われる方法です。

本番前の緊張を和らげてくれたりもする効果もあるようです。

脱力で困っている方は、ぜひお試しください!

練習ノート
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

アマチュアのコントラバス弾き。
18歳よりコントラバスを始め、新 眞二氏にコントラバスを師事。

岡山県生まれ。
家族は妻と息子、娘の4人家族。
職業はプログラマーです。
現在は徳島県在住です。

コントラバスネットをフォローする
コントラバスネットをフォローする
コントラバスネット