このフェルトの輪、なに?弦を張り替えるときのTips

弦を張り替えるとき、ピラストロ社の弦には、ボールエンドにフェルトの輪が付いています。

他社の弦には、付いていないものもあります。

このフェルト、なんだか知っていますか?

私は何のために付いているのか、ずっと疑問に思っていました。

テールピースが傷つかないようにするため?とか、

響きを柔らかくするため?とか、

勝手に想像していました。

やっとわかった本当の名前

ひと月ほど前、弦の価格を調べてるときに、このフェルトの名前がついにわかりました。

テンションフェルト

という名前みたいです。

クロサワ楽器さんのサイトによると、「柔らかで抜けの良いサウンド」になるらしいです。

Pirastro Permanent SET「Permanent」「ニッケル芯 / スチール巻き」という、硬そうなイメージですが、テンションも比較的弱く、非常に使いやすい弦です。本来の音色は若干硬さが感じられますが、ボールエンドにテンションフェルトを着けると、柔らかで抜けの良いサウンドになります。張りたてよりも、馴染ん...

実は私、

テンションフェルトを付けていません。

いつも、テンションフェルトを取り外して、弦を張ります。

テンションフェルトを取り除いて弦を張り替え
テンションフェルトを取り除いて弦を張り替え

理由は、弦の響きを止めているみたいな気がするからです。

実際にテンションフェルトをつけた状態と、外した状態で弾き比べたこともあります。

気のせいかもしれませんが、外したほうが

  • 音色が明るく、少し硬くなる
  • 音量が大きくなる
  • 響きが長くなる

ように感じました。

ただ、楽器によって、音がキンキンになったり、ヴォルフがきつくなったり相性の問題が出るかもしれません。

一度試してみて、納得いけばテンションフェルトを外してみてはどうでしょうか。

また、弦の交換についてのコツは、以下の記事を参考にしてみてください。

コントラバスの弦交換ってどうしていますか? 私はだいたい1年に1回、交換するようにしています。 交換の方法も、いくつかの注意点を守っていればさほど難しくはありません。 この記事では、弦の交換のコツをご紹介します。
スポンサーリンク

この記事が参考になりましたら、シェアしていただけると、励みになります!

Facebookページ
最新の記事情報を、
いいねしてチェックしよう!
ページの先頭に戻る