どちらがいいの?コントラバスの「立奏」と「座奏」の違いとは

コントラバスを弾くとき、立って弾きますか?それとも座って弾きますか?

どっちで弾けばいいのか迷ってる方もいらっしゃると思います。

この記事では、コントラバスの「立奏」と「座奏」の違いについてご紹介します。

どちらが多い?

オーケストラでは、アマチュア、プロ問わず、座奏の人が多い。

吹奏楽では、アマチュアは立奏の人が多く、プロは座奏。

プロのコントラバス奏者の方は、ソロでは立奏のほうが多い。

でも最近は、プロの方も座奏の方が増えてきたように思えます。

私の場合

ちなみに、私は、オーケストラ、ソロともに座奏です。

今の楽器に買い換える前は、オーケストラでは座奏、ソロでは立奏でした。

すべて座奏に変えた理由は、今弾いている楽器のサイズが小さいからという理由です。

今の楽器で立奏すると、楽器がふらついて、楽器も音程も不安定になり困っていました。

レッスンで相談したところ、「座奏してみては?」ということで、座奏に切り替えました。

メリットとデメリット

では、立奏と座奏のどちらがいいか決める前に、まずそれぞれのメリット、デメリットを考えてみます。

立奏

メリット

  • 立っているので、フレーズに合わせて体の重心移動がしやすい
  • 重心が前側にあるので、弦に重さをかけやすい
  • 楽器に当たる体の面積が少ないので、楽器が鳴りやすい

デメリット

  • 楽器に当たる体の面積が少ないので、楽器や音程が不安定になりやすい
  • 左手(特に親指)に負担がかかりやすい
  • シフティング(特に高い音から低い音への)動作が難しい

座奏

メリット

  • 座っているので楽器、音程が安定しやすい
  • 楽器を体で支えるので、シフティングの動作がやりやすい
  • 座っているので、長時間弾いても疲れにくい

デメリット

  • 楽器に当たる体の面積が多いので、楽器が鳴りにくい
  • 座っているので重心が後ろにかかり、弦に重さをかけにくい
  • ネックと頭の距離が近くなるため、低いポジションが窮屈になりやすい

どちらがいいのか

さて、では実際どちらがいいのでしょうか。

立奏のデメリットとして、楽器が不安定と書きましたが、体の使い方しだいで安定させることもできます。

また、座奏で楽器が鳴りにくいと書きましたが、楽器に当たる部分を調整することで鳴りやすくもできます。

デメリットは克服可能です。

私自身、どちらの奏法が優れているという考えは持っていません。

どちらの奏法もいい奏法だと思います。

どちらの奏法にするか迷っている方へ。

まずは、両方の弾き方を試して、それぞれのメリット、デメリットを感じてみてください。

そして、どちらのデメリットを克服しやすいか

また、体格、楽器の大きさの兼ね合いで、どちらが自分にあっているかを見つけてください。

最終的に辿り着いた奏法が、自分にあった奏法だと思います。

ひとつ忘れてはいけないのは、いつでも切り替えることができることです。

試しに立奏から座奏に変えてみて、座奏の弾きやすさを実感して、座奏に切り替えることもいいと思います。

逆に、やっぱり立奏がいいなという再発見があるかもしれません。

そうした試行錯誤も、コントラバス上達の近道ではないかと思います。

立奏から座奏にかかわらず、オーケストラで演奏するときにはバス椅子を使う方も多いと思います。

以下の記事で、おすすめのバス椅子をご紹介しています。

参考にしてみてください。

コントラバスの座奏にはバスイスが欠かせません。 しかし、コンサートホールにあるバスイスは大きく手軽に持ち運ぶことができません。 この記事では、コントラバスの演奏に使える、手軽に持ち運べて、価格も手頃なおすすめのバスイスについてご紹介します。
スポンサーリンク

この記事が参考になりましたら、シェアしていただけると、励みになります!

Facebookページ
最新の記事情報を、
いいねしてチェックしよう!
ページの先頭に戻る