練習ノート

練習ノート

上手い人が弾くと簡単そうに見え、自分が弾くと難しそうに見える理由

コントラバスの上手い人の演奏を見たとき、すごく簡単そうに弾いているように見えたことはありませんか? この記事では、上手い人が弾くと簡単そうに見え、自分が弾くと難しそうに見える理由についてご紹介します。
練習ノート

練習のとき、長いフレーズを繰り返し練習する人ほど上達が遅い理由とは

コントラバスの個人練習で曲の練習をするとき、どんなふうに練習していますか? この記事では、長いフレーズを繰り返し練習する人ほど状態が遅い理由についてご紹介します。
練習ノート

明日の練習を気持ちよく始めるために、練習の最後にやっておきたいこと

コントラバスの上達には練習は欠かせません。 この記事では、明日の練習をできるだけ気持ちよく始められるために、今日の練習の最後にやっておきたいことについてご紹介します。
練習ノート

弾けるようになったとき忘れがちな、でも必ず覚えておきたいこと

コントラバスを自在に弾きこなすには、色々なテクニックを身につけなければいけません。 この記事では、弾けるようになっていく過程で、ぜひ覚えておいてほしいポイントについてご紹介します。
練習ノート

コントラバスを後輩に教えると自分が上達する理由とは?

家で一人で勉強するより、友達と教え合いながら勉強した方が深く理解できた。 こんな経験したことありませんか? この記事では、人に教えることで、なぜ自分の上達も早まるのかについてご紹介します。
練習ノート

たまには演奏会を聞きに行って、頭と耳をリセットしよう!

コントラバスや合奏の練習ばかりやってると、不思議なことに耳がだんだん慣れてきます。 ずっとその中だけでやっていると、全然うまくならない閉塞感だけが広がっていきます。 そんなときは、外側からのインプットが必要です。
2018.02.02
練習ノート

一度身につけたテクニックを、忘れないように復習しよう!

コントラバスの上達の近道の1つに、毎日練習することがあります。 練習することで、少しずつ新しいテクニックが身につき、できることが増えていきます。 しかし、毎日練習してるだけで上達するものでもありません。 この記事では、日々の練習に入れておきたい練習メニューをご紹介します。
2018.02.02
練習ノート

コントラバスのD線、A線、E線で音程が悪くなる人のクセとは

コントラバスでG線では音程があっているのに、D線、A線、E線と低い弦になると音程が合わなくて悩んでいませんか? この記事では、G線より低い弦で音程が悪くなる人の特徴をご紹介します。
2018.01.24
練習ノート

一度さらった曲を、もう一度さらうときに注意べきこととは?

オーケストラや吹奏楽でコントラバスを弾いていると、一度弾いたことのある曲をもう一度弾く機会がよくあります。 この記事では、一度さらった曲をもう一度さらうときに注意すべきことについてご紹介します。
練習ノート

コントラバスの弓の返しで、アクセントがつく人の特徴とは?

弓を返した瞬間、次の音にアクセントがついてしまうことはありませんか? これは、ほとんどの人についてしまう、あるクセが原因です。 この記事では、弓の返しでアクセントがついてしまう理由についてご紹介します。