楽譜

B.マルチェッロ作曲「ソナタ ヘ長調」の楽譜

ベネデット・マルチェッロ作曲の「ソナタ ヘ長調」の楽譜を公開しました。 この記事では、この曲について動画と楽譜をご紹介します。
メンテナンス

あなたの楽器、駒の足が浮いてませんか?自分でできるセルフチェック

コントラバスの表板には駒が立っています。 駒は、弦の振動を楽器本体に伝えるためにとても大切なパーツです。 この記事では、自分でできる駒のセルフチェックについてご紹介します。
練習ノート

コントラバスのD線、A線、E線で音程が悪くなる人のクセとは

コントラバスでG線では音程があっているのに、D線、A線、E線と低い弦になると音程が合わなくて悩んでいませんか? この記事では、G線より低い弦で音程が悪くなる人の特徴をご紹介します。
メンテナンス

コントラバスの魂柱の位置による音への影響とは?

最近、工房に行って、弦高の調整と魂柱の位置を調整していただきました。 その際に、魂柱の位置によって、音にどんな影響が出るのかを伺いました。 この記事では、魂柱の位置によって、コントラバスの音にどう影響するかについてご紹介します。
練習ノート

一度さらった曲を、もう一度さらうときに注意べきこととは?

オーケストラや吹奏楽でコントラバスを弾いていると、一度弾いたことのある曲をもう一度弾く機会がよくあります。 この記事では、一度さらった曲をもう一度さらうときに注意すべきことについてご紹介します。
練習ノート

コントラバスの弓の返しで、アクセントがつく人の特徴とは?

弓を返した瞬間、次の音にアクセントがついてしまうことはありませんか? これは、ほとんどの人についてしまう、あるクセが原因です。 この記事では、弓の返しでアクセントがついてしまう理由についてご紹介します。
楽譜

L.ベートーヴェン作曲「ト調のメヌエット」の楽譜

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲の「ト調のメヌエット」の楽譜を公開しました。 この記事では、この曲について動画と楽譜をご紹介します。
練習ノート

コントラバスで右手の親指を痛めやすい弓の持ち方とは?

コントラバスの弓にはジャーマンスタイルとフレンチスタイルがあります。 私が持っている弓はジャーマンスタイルで、弓の持ち方は親指で腕の重さを弓に伝える持ち方をしています。 この記事では、親指を痛めやすい弓の持ち方と傷めにくくする方法についてご紹介します。
楽譜

J.S.バッハ作曲「無伴奏チェロ組曲 第1番 メヌエット」の楽譜

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ作曲の「無伴奏チェロ組曲 第1番 メヌエット」の楽譜を公開しました。 この記事では、この曲について動画と楽譜をご紹介します。
練習ノート

コントラバスのビブラートで、左手の感覚のつかみ方とは?

コントラバスでビブラートをかけるとき、左手を揺らします。 ビブラートをかけたいと思っているけど、なかなかうまくビブラートがかからないと悩んでいまんか? ビブラートの左手の感覚をつかむためのアプローチはいくつかあります。 そのアプローチについて解説された動画があったので、この記事でご紹介します。
練習ノート

コントラバスを弾いていて、腰痛に悩まされていませんか?

コントラバスは大きい楽器なので、演奏するために体全体を使って弾くことになります。 私も以前はコントラバスの練習中に腰が痛くなり、途中で腰を伸ばしたりストレッチをしたりしながら練習していました。 この記事では、コントラバスと腰痛の原因について、ご紹介します。
練習ノート

コントラバスでなめらかに移弦するための4つの練習とは?

コントラバスで曲を弾くと移弦が必ずでてきます。 スラーがかかった音に移弦があるとき、リズムが崩れたり、音にアクセントが付いたりしませんか? この記事では、なめらかな移弦のための4つの練習についてご紹介します。
練習ノート

コントラバスの移弦で音が抜けてしまう理由とは?

コントラバスで曲を弾くと、必ず移弦がでてきます。 移弦のときにどうしても音が抜けてしまうという悩みを抱えていませんか? この記事では、移弦のときに音が抜けてしまう理由と練習方法をご紹介します。
練習ノート

コントラバスで左手首を痛めやすい人の特徴とは?

コントラバスは、大きな楽器なので移弦やシフティングの動きが大きくなります。 また弦も太いため、弦を押さえるためにある程度の力が必要です。 そのため、左手首を痛める方も多いのではないでしょうか? この記事では、手首を痛めやすい人の特徴についてご紹介します。
練習ノート

覚えにくい楽譜を早く覚えられるコツとは?

吹奏楽やオーケストラではいろんな曲を弾きます。 コントラバスでも、曲によっては何回弾いても覚えられないような、覚えにくいフレーズがでてきます。 この記事では、そんなときにできるだけ早く楽譜を覚えられるコツをご紹介します。
練習ノート

コントラバスで音程がずれたとき、チェックする順番とは?

コントラバスで曲の練習をしていると音程がずれることがあります。 音程がずれたとき、ずれているところを確認すると思いますが、チェックする順番を気をつけないと、せっかく確認しても無駄になってしまうことがあります。 この記事では、音程がずれたとき、チェックする順番をご紹介します。
練習ノート

コントラバス上達のために、準備力を鍛えよう!

コントラバスを弾くとき、右手と左手で複数の動作を同時に行わなければいけません。 さらに、楽譜に書かれた音符にしたがって連続して行います。 この記事では、コントラバスを弾くときの準備について、ご紹介します。
練習ノート

付点のリズムの弾き方と弓順に困ったことありませんか?

オーケストラや吹奏楽でコントラバスを弾いていると、付点のリズムが良く出てきます。 付点のリズムにはいろんな弓順の選択肢があります。 この記事では、付点のリズムの弾き方と、弓順のバリエーションについてご紹介します。
練習ノート

コントラバスで、発音が遅い人の特徴とは?

コントラバスは大きな楽器です。 そのため発音も、ヴァイオリンなど小さい楽器に比べてとても遅くなります。 この記事では、コントラバスで発音が遅い人の特徴についてご紹介します。
練習ノート

腱鞘炎予防のために、練習の前後にやるべきストレッチとは?

コントラバスは楽器が大きく弦も太いため、左手にかかる負担は大きくなります。 そのため、腱鞘炎で辛い思いをした方も多いのではないでしょうか? この記事では、コントラバスの練習の前後にやるべきストレッチについてご紹介します。