部活動停止で楽器が弾けなくてもできる練習とは?

練習ノート
この記事は約3分で読めます。

中学・高校で、定期テスト前など、部活動が停止、または短縮になるところが多いのではないでしょうか?

楽器を自宅に持って帰ることができる人は、自宅でテスト勉強の気分転換に少しでも楽器を触ることができると思います。

しかし、コントラバスは大きいので、簡単に持って帰ることはできません。

1週間ぜんぜんコントラバスに触らないと、テストが終わって部活が再開したときに、左手の力が落ちていてショックを受けることになると思います。

少しでもそのショックを和らげるために、この記事では、いくつかの楽器がなくてもできる練習をご紹介します。

少しだけ楽器を弾けるときの練習

完全に部活動が停止にならず、少しだけでも自主練習ができるときは、

次の記事の練習をやってみてください。

少しの時間しかなくても、やっておきたい練習
  • ロングトーン
  • 音階
  • 移弦

少しでもコントラバスを弾くことができるなら、弾いておきましょう!

左手を鍛える練習

ここからは、コントラバスがなくてもできる練習です。

楽器を弾かないと、左手の力が落ちていきます。

次の記事の練習をやってみてください。

左手の力を維持、強化できる練習
  • 手を握ったり開いたりを繰り返す
  • 小指を曲げる

左手の指の関節を鍛える練習

コントラバスを弾くときに、握力もある程度必要ですが、指の関節の強さも必要です。

関節が弱いと、すぐに逆反りしてしまって、弦をおさえきれなくなってしまいます。

次の記事の「楽器を使わない練習」の項目をやってみてください。

左手の強化練習
  • 100均で買ってきたボールや軟式のテニスボールなどを使って、各指を鍛える

指を自由に、速く動かせるようになる練習

指は使わないと、だんだん速い動きができなくなっていきます。

人差し指や中指は日常よく使うので、あまり遅くはなりません。

しかし、薬指や小指はあまり使わない指なので、スピードがみるみる落ちていきます。

次の記事の練習をやってみてください。

指をコントロールする練習
  • 指を順に浮かせていく動きをすることで、指をコントロールしやすくなる練習

指を自由にコントロールできるようになっておくと、コントラバスで練習を再開したときに元の状態まで復帰するのが早くなります。

まとめ

この記事では、いくつかの練習をご紹介しました。

どの練習も、短時間で効果のある練習です。

  • 少しだけ楽器を弾けるときの練習
  • 左手を鍛える練習
  • 左手の指の関節を鍛える練習
  • 指を自由に、速く動かせるようになる練習

テスト勉強の合間の気分転換にやってみてください!

練習ノート
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

アマチュアのコントラバス弾き。
18歳よりコントラバスを始め、コントラバスを新 眞二氏に師事。

岡山県生まれ。
家族は妻と息子、娘の4人家族。
職業はプログラマーです。
現在は徳島県在住です。

コントラバスネットをフォローする
コントラバスネットをフォローする
コントラバスネット