練習ノート

その音程あってますか?3度、5度、オクターブの間隔を覚える練習法

オーケストラや吹奏楽でコントラバスを弾いていると、オクターブの4分音符を繰り返したり、3度や5度の移動がよく出てきます。 3度、5度、オクターブの音程を正しくとるためのコツをご紹介します。
2017.03.21
練習ノート

「もっと歌って」ってどうやるの?棒読みの演奏から卒業するポイント

コントラバスを弾いていて、「自分の演奏はなんか棒読みだなぁ」と思ったことありませんか? 実は、楽譜に書かれていない暗黙の了解のような抑揚があります。隠れた抑揚をつけて弾くと、歌うような自然流れに聞こえます。 この記事では、隠れた抑揚の見つけ方をご紹介します。
2017.03.20
練習ノート

確実に音程が良くなる!シフティングで確認しておくべきポイント

コントラバスで曲を弾いていると、シフティングは必ず出てきます。 シフティングはコントラバスで音程がずれる大きな原因のひとつです。 この記事では、音程を良くするためにチェックすると良いポイントをご紹介します。
2017.03.20
練習ノート

まずチェックしておくべき、音程が悪くなりがちな3つのポイント

「コントラバスは音程が不安定だ」とかよく言われます。 しかし、コントラバスもきっちり練習すれば、音程は必ず良くなります。 この記事では、音程が不安定になるタイミングを3つご紹介します。
2017.03.20
アクセサリー

コントラバスの練習に必須!使いやすいメトロノーム選びのポイント

コントラバスの練習に、メトロノームは欠かせないツールのひとつです。 私も、不自然にテンポが揺れたりしないように、メトロノームを使って練習しています。 この記事では、私がメトロノームを選ぶときに重視しているポイントをご紹介します。
2017.03.20
練習ノート

スラーを弾くときコントラバスの音がクリアになる!2つの左手のコツ

スラーのかかった音を弾くときは弓の返しがないので、音がモゴモゴしやすくなります。 スラー中の音の移り変わりをはっきりさせるにはどうすればいいでしょうか。 この記事では、音をクリアにするコツをご紹介します。
2017.03.20
練習ノート

音がモゴモゴしてると悩んでいる人に、2つのおすすめの左手強化練習

コントラバスは弦が太く、張力も強いことから、弾くために左手の力が必要です。 コントラバスを弾くためには、各指の力がバランスよくついている方が有利になります。 この記事では、バランスよく左手の力をつけるための練習法をご紹介します。
2017.03.20
練習ノート

練習中にチューナーで音程を合わせるとき、やってはいけないあわせ方

コントラバスの練習をするとき、音程を確認するためにチューナーを使うと思います。 音程があっていれば、そのまま次を弾きつづけると思います。 では、音程があっていなかったとき、どうしていますか? この記事では、音程のあわせ方のコツをご紹介します。
2017.03.20
練習ノート

吹奏楽やオーケストラでよく使うポジションの3つのつまづきどころ

吹奏楽やオーケストラでよく使うポジションでつまづきやすいポジションがあります。 この記事では、3つのつまづきやすいポイントをご紹介します。
2017.03.20
練習ノート

安定した波のビブラートをかけるための練習法

ピチカートでビブラートをかけれるようになったら、次は安定した波のビブラートをかける練習をします。 この記事では、安定した波のビブラートにするための練習法についてご紹介します。
2017.03.20